夏季観光シーズン中の注意喚起

フィリピン:夏季観光シーズン中の注意喚起 (2007/07/09)


 例年、夏季観光シーズン中、フィリピンでは日本人旅行者の増加に伴い、スリ、置き引き、ひったくり、睡眠薬強盗、いかさま賭博などの犯罪被害も増加する傾向にあります。
 つきましては、夏季観光シーズン中は、以下の代表的な犯罪被害例・防犯対策等を念頭に置き、通常以上に安全対策に留意してください。
 なお、以下の代表的事例・対策及びそれ以外の一般的な犯罪事例・対策の詳細については、「安全対策基礎データ」等を参照してください。

1.犯罪被害事例

(1)スリ、置き引き、ひったくり
   観光地、駅、空港、電車内、ホテル、レストラン、ショッピングセンターにおいて、多くの日本人旅行者がちょっと油断した隙にスリ、置き引き、ひったくりの被害に遭っています。

(2)睡眠薬強盗
   見知らぬ人から親しげに話しかけられ、一緒に観光するなどして慣れ親しんだ頃、睡眠薬の入ったジュース等の飲み物や食べ物を勧められるまま飲食し、眠らされている間に所持金等が盗まれています。

(3)いかさま賭博
   見知らぬ人から親しげに話しかけられ、言葉巧みに自宅等に案内された後、「トランプゲームで金持ちの友人からお金を巻き上げよう」などと持ちかけられ、その誘いに乗ってゲームを行うと、最後には大負けして多額の現金をだまし取られています。

2.防犯対策等


(1)貴重品や多額の現金は持ち歩かない。やむを得ず携行する場合は、ボタンの付いた内ポケット等、容易に窃取されない場所に入れ、かつ、現金は小分けにして携行する。また、人前で多額の現金は見せない。

(2)レストラン等では、手荷物を放置したまま席を離れない。

(3)バッグ類は、車道の反対側に持つようにする(オートバイ等に乗って背後から追い越しざまにバッグ類を強奪する手口が増えています。)。

(4)見知らぬ人から話しかけられても、相手にせず、直ちにその場から離れる。

(5)単独での外出(特に夜間や人通りの少ない場所)はできるだけ控える。

(6)生命・身体の安全を最優先に考え、ひったくり等の犯罪に遭った場合には抵抗しない。

(7)万一に備え、海外旅行保険
に加入しておく。



3.フィリピンでは南部のミンダナオ島(特に西部)やスールー諸島等で爆弾テロ事件が頻発していますので、同地域への渡航に際しては、危険情報や最近のスポット情報を踏まえつつ、渡航の是非又は延期を含め、自らの安全につき真剣に検討するようお勧めします。また、爆弾テロ事件については、2007年7月6日付け広域情報「爆弾テロ事件に関する注意事項」も併せ御参照ください。


(問い合わせ先)
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/









クレジットカードの付帯保険に上乗せして海外旅行保険料を節約!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。