フィリピン 旅行・生活地図 > フィリピン渡航安全情報


シンガポール、フィリピン:デング熱の流行

シンガポール、フィリピン:デング熱の流行 (2007/07/04)

1.在シンガポール日本国大使館及び在フィリピン日本国大使館によると、下記の地域においてデング熱が流行しています。

(1)シンガポールにおけるデング熱の流行
 シンガポール国家環境庁は2007年第24週(6月10日から6月16日)の新規感染者数(401人)が大流行の基準とされる379人を本年初めて上回ったと発表しています。
また、2007年第25週(6月17日から6月23日)の新規感染者数は349人と若干減少しましたが、第26週(6月24日から30日)の新規感染者が381人と再び大流行の基準を上回ったと同庁は発表しています。
本年の累積感染者総数は3,597人(うち3人が死亡)であり、同庁は職員等約500人を動員し、蚊の発生場所(コンドミニアムや工事現場等の水たまりの出来る場所)において、殺虫剤の散布など蚊の駆除作業を行っています。
感染者数及び発生地域はシンガポール国家環境庁のホームページで随時最新情報を掲載していますので、御参照ください。
 シンガポール国家環境庁ホームページ:http://www.dengue.gov.sg/
   
今回の流行については、例年を上回る気温及び降水量が原因とみられていますが、気温及び降水量が最盛期に達する8月中旬から9月にかけて感染が拡大する可能性がありますので、シンガポールに渡航・滞在を予定されている方は、下記2.(4)の予防対策をとってください。

(2)フィリピンにおけるデング熱の流行
 フィリピン保健省発表の感染者数は以下のとおりですが、数値は指定された病院からの報告数であるため、実数はこれを更に上回るものと推測されます。同省は警告を発出し、蚊が繁殖しやすい場所の除去や防蚊対策など注意喚起を呼びかけています。

 ☆フィリピン国内
  2007年1月1日から6月16日 7,788人(うち76人死亡)(累積)
     (うち6月1日から6月16日 258人)(累積)
 ☆マニラ首都圏
  2007年1月1日から6月16日 1,444人(うち8人死亡)(累積)

 ☆セブ市
  2007年1月1日から6月16日  152人(うち2人死亡)(累積)


 フィリピンにおいては、6月から10月まで雨期に入り、デング熱の感染源である蚊の活動が活発な季節にあたるため、感染が拡大する可能性もありますので、フィリピンに渡航・滞在を予定されている方は下2.(4)の予防対策をとってください。


2.デング熱について
(1)感染源
   デング熱はデングウイルス(フラビウイルス属で1〜4型までる)を持つ蚊(ネッタイシマカ、ヒトスジシマカなど)に刺されることで感染します。感染には蚊が必ず媒介し、人から人への直接感染はありません。一度かかると免疫が出来ますが、異なった型のデングウイルスに感染した場合は再発症します。デング熱を媒介する蚊の活動はハマダラカマラリア媒介蚊)と異なり、夜明け少し前から日暮れまでの間(特に朝と夕方)です。

(2)症状
   3〜15日(通常5〜6日)の潜伏期を経て、突然の発熱で始まります。38〜40度程度の熱が5〜7日間続き、激しい頭痛、眼窩後部痛、関節痛、筋肉痛、発疹を伴います。この発疹は風疹と同じような小さな紅斑で、かゆみや痛みはありません。また、発熱期の最後や解熱後に軽い皮下出血が足や脇の下、手のひらなどに現れます。通常、症状が現れてから自然軽快するまでの期間は7日間前後です。

(3)治療方法
   デング熱には特効薬がなく、一般に対症療法が行われます。特別な治療を行わなくても軽症で済む場合が多く、死亡率は1%以下であるといわれています。ただ、時にデング出血熱という重篤な病気になることがあります。デング出血熱は、死亡率の低いデング熱と異なり、口や鼻等の粘膜からの出血を伴い、通常でも10パーセント前後、適切な手当がなされない場合には40〜50パーセントが死亡するといわれています。この出血熱は発熱して2〜7日してから発症することが多いようですが、デング熱にかかった人がデング出血熱になるかどうかは事前に予測が出来ません(大人よりも小児に多発する傾向があります)。

(4)予防方法
   デング熱には予防接種も予防薬もなく、蚊に刺されないようにすることが唯一の予防方法です。デング熱発生地域に旅行を予定されている方は、次の点に十分留意の上、感染の予防に努めてください。
  
●デング熱を媒介するネッタイシマカ、ヒトスジシマカ等は古タイヤなどのわずかな水たまりで繁殖するため都市部でも多く見られるので、外出する際には長袖シャツ・長ズボンなどの着用により肌の露出を少なくし、肌の露出した部分には昆虫忌避剤(虫除けスプレー等)を2〜3時間おきに塗布する。
  
●室内においても、電気蚊取り器、蚊取り線香や殺虫剤、蚊帳(かや)等を効果的に使用する。
  
●規則正しい生活と十分な睡眠、栄養をとることで抵抗力をつける。
  
●突然の高熱や頭痛、関節痛や筋肉痛、発疹等が現れた場合には、デング熱を疑って、直ちに専門医師の診断を受ける。




(問い合わせ先)
 ○外務省領事局政策課(海外医療情報)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2850
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/

フィリピン:ミンダナオ島におけるバス等を狙った爆弾爆発事件について

フィリピン:ミンダナオ島におけるバス等を狙った
爆弾爆発事件について (2007/06/18


1.報道等によれば、6月15日夕刻、ミンダナオ島コタバト市のバスターミナルで停車中のバス付近で爆弾が爆発し(人的被害なし)、さらにその約30分後、コタバト市からダバオ市に向かっていたバスが南ダバオ州バンサラン町を走行中に車内で爆弾が爆発し、8人が死亡し、少なくとも14人が負傷しました。

2.ミンダナオ島においては、バスやバスターミナルを標的とした爆弾爆発事件が頻発しており、最近では、5月18日にコタバト市のバスターミナルで爆弾が爆発し、3人が死亡、35人が負傷したほか、、6月8日には北コタバト州マタラン町のバスターミナルで停車中のバス車内で爆弾が爆発し、5人が負傷しました。なお、これら一連の事件においては、同一のバス会社(Weena Bus)が狙われており、同社を狙った恐喝が事件の背景にあるとの見方もあります。

3.つきましては、上記ミンダナオ地域に限らず、フィリピンへの渡航・滞在を検討されている方は、渡航・滞在を予定されている地域の危険情報のほか、最近のスポット情報を踏まえつつ、渡航の是非又は延期を含め、自らの安全につき真剣に検討するようお勧めします。また、渡航・滞在に際しては、事前に外務省、現地の在外公館(下記参照)や関係機関、現地報道等より最新情報を入手するよう努めて下さい。
 さらに、テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう、バス等公共輸送機関の利用は避け、外国人や不特定多数の人が集まる場所(公共施設、レストラン、ショッピング・モール、デパート、カフェ等)及び主要外国関連施設、政府関連施設にはできる限り近づかないようにするとともに、やむを得ず近づく場合にもそうした場所では絶えず警戒するなどの安全確保にご留意願います。
 また、テロ等不測の事態が発生した場合の対応策を再点検し、状況に応じて適切な安全対策を講じられるよう心掛けてください。
 なお、爆発事件に関しては、2005年10月19日付け広域情報「爆弾テロ事件に関する注意事項」やパンフレット「爆弾テロ対策Q&A」(パンフレットは http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載)も併せて御参照下さい。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロに関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
 ○在フィリピン日本国大使館(在マニラ日本国総領事館)
  電話: (63-2) 551-5710
  FAX : (63-2) 551-5780
 ○在セブ出張駐在官事務所
  電話: (63-32) 231-7321,231-7322
  FAX : (63-32) 231-6843
 ○在ダバオ出張駐在官事務所
  電話: (63-82) 221-3100
  FAX : (63-82) 221-2176

留学保険・海外旅行保険




フィリピンに対する渡航情報(危険情報)

2007/05/11の外務省の情報です。

フィリピンに対する渡航情報(危険情報)の発出


●ミンダナオ地域(南ザンボアンガ州、北ザンボアンガ州、
ザンボアンガ・シブガイ州、西ミサミス州、南ラナオ州、北ラナオ州、北コタバト州、マギンダナオ州、シャリフ・カブンスアン州、
スルタン・クダラット州、バシラン州、スールー州及び
タウイタウイ州)(周辺海域を含む)
 :「渡航の延期をお勧めします。」(一部引き上げ)


●ミンダナオ地域の中で上記以外の地域(ダバオ市を除く)
及びパラワン州(最北部を除く)(周辺海域を含む)
 :「渡航の是非を検討してください。」(継続)

●上記以外の全地域(マニラ首都圏を含む)
 :「十分注意してください。」(継続)   

詳しくは下記の海外安全ホームページ
にてご確認ください。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロに関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
 ○在フィリピン日本国大使館(在マニラ日本国総領事館)
  電話: (63-2) 551-5710
  FAX : (63-2) 551-5780
 ○在セブ出張駐在官事務所
  電話: (63-32) 231-7321、231-7322
  FAX : (63-32) 231-6843
 ○在ダバオ出張駐在官事務所
  電話: (63-82) 221-3100
  FAX : (63-82) 221-2176





フィリピン:テロの脅威に関する注意喚起

2007/04/19の外務省の情報です。

フィリピン:テロの脅威に関する注意喚起 (2007/04/19)

1.在フィリピン米国大使館は4月19日付けで注意喚起(Warden Notice)を
 発出し、数日中に中部ミンダナオ地域でテロ攻撃が行われる可能性がある
 として、同地域への渡航の是非は慎重に決めるべきであるとしています。

2.ミンダナオ地域においては、最近では2006年10月及び2007年1月に相次い
 で爆弾テロ事件が発生しています。また、4月18日には、背景等詳細は不明
 ですが、ミンダナオ島のコタバト市で爆発事件が発生し、1人が死亡してい
 ます。

3.つきましては、フィリピンへの渡航・滞在を検討されている方は、渡航
 を予定されている地域の危険情報のほか、累次スポット情報等を踏まえ、
 渡航の是非を含め自らの安全につき真剣に検討を行うようお勧めします。
 また、事前に外務省、現地の在外公館(下記参照)や関係機関、現地報道
 等より最新情報を入手するよう努めてください。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロに関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
 ○在フィリピン日本国大使館(在マニラ日本国総領事館)
  電話: (63-2) 551-5710
  FAX : (63-2) 551-5780
 ○在セブ出張駐在官事務所
  電話: (63-32) 231-7321、231-7322
  FAX : (63-32) 231-6843
 ○在ダバオ出張駐在官事務所
  電話: (63-82) 221-3100
  FAX : (63-82) 221-2176






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。